切幡寺(篠栗町)


篠栗四国霊場・10番礼所の切幡寺は、慈愛救済の御加護は菩薩一とも言われている千手観世音菩薩を御本尊とする真言宗の寺院です。高野山の霊木を授かり再建された本堂であり、戦国時代より人々の命を救い続けたと伝えられる秘仏の延命千手観音様も寺宝として祀られており、本堂内は非常に素晴らしいもので、御本尊・千手観世音菩薩の隣にはタイから賜られた金色の仏像もあります。また豊臣秀吉が信仰していた三面大黒天も祀られています。

御本尊:千手観世音菩薩




切幡寺の雰囲気。



懺悔堂内にある閻魔大王。



切幡寺本堂に続く階段と開運門。



開運門にある像。



地蔵菩薩。



切幡寺本堂に続く階段。



切幡寺本堂。



切幡寺本堂内の雰囲気。



切幡寺の御本尊・千手観音菩薩。



切幡寺本堂内・タイから賜られた金色の仏像。



切幡寺本堂内の雰囲気。



切幡寺本堂内の雰囲気。



切幡寺に祀られている三面大黒天。



切幡寺本堂内の雰囲気。