紅葉八幡宮(福岡市)


福岡市早良区にある紅葉八幡宮は、1482年に陸奥国刈田の住人・柴田繁信によって八幡宮が建立されたのが神社の創建とされています。江戸時代には福岡藩・黒田家の守護神として崇敬され、秋季大祭には藩主以下藩士庶民参拝のため登城御免(藩の休日)となっていたそうです。現在の紅葉山に遷座されたのは大正2年になってからとの事で、西新・藤崎の総鎮府として参拝されています。十二柱の神様がお祀りされており、紅葉八幡宮に参拝すると全国の大社にご参拝された神徳有りと言われています。

【祭神】
神功皇后・応神天皇・菟道稚郎子命・大国主命・事代主神・菅原神・埴安・ 稲倉魂命・玉依媛・金山姫命・繘倉魂命・印錀命



紅葉八幡宮境内入口。



紅葉八幡宮の説明板。



手水舎。手水舎の隣に利生の水という腹痛に効果がある御神水。



紅葉八幡宮拝殿。



紅葉八幡宮拝殿内部の雰囲気。



紅葉八幡宮拝殿・御本殿。



紅葉八幡宮拝殿前にある子安石。



紅葉八幡宮拝殿前にある臥牛。



紅葉八幡宮社務所。



紅葉八幡宮末社・宇賀稲荷神社。



宇賀稲荷神社社殿。



宇賀稲荷神社社殿前にある社殿再建記念碑。



宇賀稲荷神社社殿前にある祠。