中ノ河内観音堂(篠栗町)

篠栗四国霊場・48番の中ノ河内地蔵堂は、御本尊は十一面観世音菩薩で小高い裏山・林の中にあるこじんまりとした堂です。四国霊場八十八箇所創設を発願した慈忍の薫陶を受けた藤木藤助に協力した世話人5人衆の一人である「村瀬新平」が開いた堂で、「奉建立」「嘉永七年」と刻まれたその石碑が奉納されています。

御本尊:十一面観世音菩薩



中ノ河内観音堂に続く小道。



林の中の高台にある中ノ河内観音堂。



中ノ河内観音堂にある堂。



中ノ河内観音堂にある十三仏。



中ノ河内観音堂。



中ノ河内観音堂。



中ノ河内観音堂御本尊:十一面観世音菩薩。



中ノ河内観音堂にある堂。



中ノ河内観音堂の雰囲気。



中ノ河内観音堂にある「奉建立」の石碑。