霧島神宮(霧島市)


霧島市にある霧島神宮は6世紀頃に建立された神社で、火山の麓にあるために。これまで何度も消失してしまう歴史があり、現在の社殿は1715年に建立されたものです。その昔は霧島山一帯が境内であったのですが、廃藩置県により宮崎県側は神宮境内から外された経緯もあります。また本殿・拝殿などは国の重要文化財に登録されています。また坂本龍馬が日本最初といわれる新婚旅行で霧島神宮に訪れているとの事です。

主祭神:天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊
  
   (あめにぎしくににぎしあまつひだかひこほのににぎのみこと)
相殿神:木花開姫尊・彦火火出見尊・豊玉姫尊・鵜葺草葺不合尊・
    玉依姫尊・神倭磐余彦尊




霧島神宮にある「招霊木」。



社務所・客殿の雰囲気。



霧島神宮参道。



参道に展示されている生け花。



参道にある三の鳥居。



霧島神宮の手水車。



御神木の杉。樹齢800年以上。



霧島神宮本殿・拝殿・授与所の雰囲気。



霧島神宮に参拝する参拝客の列。



霧島神宮授与所の雰囲気。



霧島神宮拝殿の雰囲気。



霧島神宮授与所にある御神籤。



霧島神宮拝殿の雰囲気。



霧島神宮拝殿。



霧島神宮拝殿の装飾。



霧島神宮の紅葉。



霧島神宮展望台からの景色。遠くに桜島。



霧島神宮にある「坂本龍馬の新婚旅行記念」のモニュメント。



霧島神宮参道の紅葉。



霧島神宮の紅葉。