篠栗山妙音寺(篠栗町)


妙音寺は篠栗四国八十八箇所霊場第15番札所である天台宗の寺院で、御本尊は四国八十八箇所霊場第15番札所・国分寺からの勧請した薬師如来で、諸病治癒にご利益があるとされています。また妙音寺としての御本尊は馬頭観世音菩薩で、本堂には大きな馬頭観世音菩薩が安置されています。妙音寺の直接の本寺は高宮の成就院になり、寺宝として玄清流盲僧琵琶を伝えている寺院です。また境内には三宝荒神が祀られている堂があり、不浄や災難を除去する神として信仰があります。

御本尊:薬師如来
御詠歌:薄く濃くわけわけ色を染めぬれば  
    流転生死の秋のもみじ葉




篠栗四国霊場第十五番札所の看板が入口。



妙音寺参道の雰囲気。



妙音寺参道にある十三仏奉安者と書かれた石仏。



妙音寺に奉納されている石仏。



妙音寺に祀られている稲荷社。



妙音寺境内に続く参道。



妙音寺境内の雰囲気。



妙音寺にある三宝荒神が祀られている堂。



安置されている三宝荒神。



安置されている三宝荒神。



妙音寺納経所。



妙音寺本堂。



妙音寺本堂の雰囲気。



妙音寺本堂の雰囲気。



妙音寺内陣の雰囲気。



妙音寺本堂に安置されている御本尊・馬頭観世音菩薩。



篠栗四国霊場としての御本尊・薬師如来。



妙音寺境内にある御地蔵様。



妙音寺境内の雰囲気。



妙音寺境内の馬頭観世音菩薩。



妙音寺境内にある将軍地蔵。



妙音寺境内の雰囲気。