三角寺(篠栗町)


篠栗四国八十八箇所霊場第65番礼所の三角寺は高野山真言宗の寺院で、本山登録をしている寺院名が「仙龍寺」と2つの名称を持つ寺院です。御本尊は四国八十八箇所霊場第65番札所・由霊山三角寺から勧請した十一面観世音菩薩です。山を切り拓いて作られた古刹に美しい風情を添えて流れ落ちる「清浄願之滝」があり、この名前は観音経の経文から取ったものではないかと考えられています。また巡礼される方や参拝者のために宿坊を営んでいるお寺でもあります。

御本尊:十一面観世音菩薩
御詠歌:おそろしや三つの角にもいるならば 
    心をまろく慈悲を念ぜよ




三角寺の雰囲気。



三角寺にある手水舎。



三角寺本堂。



三角寺本堂内陣の雰囲気。中央に御本尊・十一面観世音菩薩。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



「清浄願之滝」の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。



三角寺境内の雰囲気。