高田阿弥陀堂(篠栗町)



篠栗四国八十八箇所霊場第37番礼所である高田阿弥陀堂は、御本尊は四国八十八箇所霊場第37番札所・岩本寺から観請した阿弥陀如来が祀られています。多々良川沿いの住宅街に建立されている為に小さい札所です。元々は檜皮葺・切妻造りの美しい本堂で、高田集落の氏神だった天神社の本殿を譲り受け「阿弥陀堂」にしたものらしく台風で痛んだため、お堂を外郭の建物ですっぽり覆うという苦肉の策を取りましたが、現在では修復されています。隣には岩本寺の扁額と厄除大師が祀られています。

御本尊:阿弥陀如来
御詠歌:六つのちり五つの社あらわして
    ふかき仁井田の神のたのしみ




高田阿弥陀堂の雰囲気。



高田阿弥陀堂。



信仰者が作られた折り紙。



高田阿弥陀堂。



高田阿弥陀堂の御本尊・阿弥陀如来。



高田阿弥陀堂隣の岩本寺の扁額が掲げられている堂。



厄除大師が安置されている堂。



厄除大師。



奉納されている十三仏。



阿弥陀如来・釈迦如来・不動明王の石仏。



建立時の御本尊である阿弥陀如来。